35歳2児のママと、35歳FPのお得活動日誌~お得にふるさと納税編~

2019年12月28日(土)

【節約】より【お得】が好きな、
FP花園 東京相談室のファイナンシャルプランナー、
川井えりかです。

「誰でも簡単にできて、とってもお得」

そんな情報をお届けします。

仕事納めをむかえ、
年越しの準備を進めている人も多いと思います。

年賀状、大掃除、そして・・・・

2019年のふるさと納税は12月31日23時59分までです!

この時期に家族で話し合って納税先を決める人が多いです。

そこで今回は、
趣味ふるさと納税、特技ふるさと納税のラッコちゃんに、
お得なふるさと納税を教えてもらいました!

「ふるさと納税は楽天がお得!自己負担金2,000円を帳消しにできる!」

ラッコちゃんのオススメ自治体はこちら


ふるさと納税とは、
本来自分が住んでいる自治体に納税する住民税を、
指定した他の自治体へ移すことです。

例えば、
東京都世田谷区に住民票がある人は、
世田谷区に住民税を納税します。

ですが、
世田谷区に住んでいる人が【山形県酒田市】にふるさと納税をすると、
世田谷区に納める住民税の一部(指定した額)を、
山形県酒田市の住民税として納税することができます。

東京都世田谷区から山形県酒田市へ住民税を移すために、
2,000円の事務手数料がかかります。

これが、ふるさと納税の自己負担金2,000円です。

ふるさと納税により山形県酒田市は税収が増えます。
税金を納めてくれたお礼に、
名産品のお米【つや姫】を返礼品として納税者へ還元しています。

“ふるさと納税は自己負担2,000円で名産品がもらえる”

というのはこのような仕組みのためです。

自己負担2,000円でふるさと納税できる額は所得により異なります。
所得が高い人ほど納める住民税が多いため、
ふるさと納税の限度額も上がります。

ふるさと納税には様々なポータルサイトがあり、
ネットショッピングをするように納税先を選ぶことができます。

ラッコちゃんが楽天のふるさと納税を選ぶ理由は、
楽天スーパーポイントです。

楽天でふるさと納税をすると、
楽天市場の買物と同じ還元率で楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天スーパーポイントは、
楽天カードを持っている人なら最低でも3%ポイント還元。

つまり、
30,000円のふるさと納税をすると900ポイント還元されます。

さらに、楽天ゴールドカードを持っていると最低5%還元。


その他の楽天サービス(モバイル、電気、証券など)を利用していると、
還元率はどんどん上がりMAX16%に!

ラッコちゃんの還元率は11%で、
30,000円のふるさと納税をすると3,300ポイント還元されます。

ポイントは3,300円分のお買い物に使うことができるので、
3,300円の価値があります。

自己負担金2,000円よりも、
還元されるポイントの方が多いのはとってもお得です!

ふるさと納税のポータルサイトを選ぶときは、
知名度だけでなく、
このような自分に合ったお得度も重要視したいですね。

ちなみにラッコちゃんは、
貯めたポイントは楽天市場の買物には使わず、
楽天証券で投資信託を購入するのに使っているとか。

お得に貯めたポイントが、
投資でさらに大きく膨らんだら還元率は計り知れず・・・

楽天ユーザーさんは、
ラッコちゃんのオススメふるさと納税、
是非参考にしてください!

ファイナンシャルプランナーズ花園
東京相談室 川井えりか